フコイダンとは?昆布水の副作用、効能、療法や昆布水などのフコイダン食品について

フコイダンとは?昆布水の副作用、効能、療法や昆布水などのフコイダン食品について。

以下、4タイプの方へ。

1.「フコイダンについて知らなくて取り入れようかお困りの方」

2.「副作用などが気になり不安な方」

3.「フコイダンのデメリットやリスクを知った上で取り入れたい方」

4.「腸内環境でお悩みの方」

以上、4タイプのフコイダンが気になる方へ。

昆布水を店内で提供し昆布水を販売しながらフコイダンに注目しているお蕎麦カフェ古民家こんさい館の立場から、少しでも私たちの知識情報の共有を通して、あなたにとっての不安感を安心感へと導き、目の前の問題を解決するお役に立てればと思います。

私たちは、十割お蕎麦カフェとして福岡の健康志向な50代以上の女性に知られています。

ご来店頂いた方々はもうお気づきだと思いますが、私たちが十割お蕎麦にこだわる理由は一言で言うと健康だと感じたからです。

昆布水などのこだわりメニューの理由も一言で言うと健康だと感じたからです。

古賀市薬王寺を拠点にしたのも一言で言うと天然水が健康だと感じたからです。

何かしらの病気で悩まれているすべての方に知って頂きたい病気の原因と解決方法は、世の中にはたくさんあります。

今まではテレビや学校で教えてもらえなかったことで原因や解決策がわからず苦しんでこられたと感じます。

そして、原因と解決策を少しでも知ると、恐らくですが物凄くショックを受けるほどカンタンすぎた病気の原因と解決策。。。さらに健康の仕組みはシンプルだと気づかされました。

土日ランチタイムをきっかけに、フコイダンについて知る習慣やフコイダンを食す習慣を、ランチメニューを通して健康志向な方へご提案させて頂いております。

今回は、こんさい館が昆布水をメニュー提案させて頂く理由について。

まず、昆布水について知って頂くには、フコイダンについて副作用効能、療法を知っていた方がより良いと思いませんか?

ということで、フコイダンとは?
水溶性食物繊維の一種です。

海藻多糖類や粘質多糖類と呼ばれ、昆布水を飲まれたことがある方はわかると思いますが、ヌルヌルした物質です。

食品中の水分を吸収しゲル化します。
腸内で吸収されることなく逆にカラダに取り入れたくない物質を抱き込んで便として排泄される効能があると言われています。

フコイダンのような水溶性食物繊維の効能は、便秘の原因となる腸内環境の改善や生活習慣病や肥満、食後の血糖値の急激な上昇も抑える働きもあると言われています。

フコイダンなど水溶性食物繊維の効能は、粘度が高いので胃から小腸への移動が緩やかになり便秘を解消して肥満を予防することに対しても有効であることが認められているようです。

フコイダンは腸内の便を柔らかくしスムーズな排泄を助け腸内をお掃除してくれる効能もあると言われています。

習慣性の便秘で悩まれている方の多くは腸の蠕動(せんどう)運動が弱くなっていることが原因と考えられているそうです。その結果、肌荒れ、ニギビなどのお肌のトラブルや大腸ガンの引き金にもなりかねないそうです。

さらにフコイダンの効能はピロリ菌から胃を守ると言われています。
ピロリ菌は胃潰瘍の原因として有名ですが、フコイダンが胃壁を守って胃潰瘍の予防にもなるそうです。

フコイダンの効能について、例をあげればきりがありませんが、今回の参考文献の1つ、菅野クリニック院長・医学博士の菅野光男先生監修の「ガン細胞をなくす驚異の薬効フコイダン」は大変参考になりましたので、是非、最寄りの書店でお探しされてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、お蕎麦に含まれるルチン水溶性食物繊維になります。
お蕎麦のルチンは、茹でる時に溶け出すため、蕎麦湯に多く含まれています。
十割そばとは、そば粉100%という意味ですので蕎麦湯には水溶性食物繊維のルチンがたっぷり。
※十割ではないお蕎麦の蕎麦湯は小麦粉の茹で汁ですので、名称は同じ蕎麦湯ですが効能はまったく異なります。

最後にフコイダンの副作用について、※甲状腺機能障害を持つ人が昆布を食べると、ヨウ素の過剰摂取になり、疲労感などの症状が現れることがあります。甲状腺機能障害ではない人であれば、まったく問題ありません。

詳細をお知りになりたいかたは、以前の記事にかきましたので、もしよろしければご覧ください。以前の記事はこちら。

 

利尻昆布水のもとのご購入はこちらからどうぞ。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ