新そばは秋が旬のスローフード!九州産新そばを旬の秋に!

秋の新そばが2018年も福岡県古賀市の十割手打ち専門店に入荷致しました!

秋の新そば旬な時期(シーズン)とは?

秋の新そばとは、秋の9月に蒔いて、11月に収穫したてのそばのことです。

またに、秋が旬のスローフードとなります。

秋の新そばの時期は、新そばが登場した秋から年内(12月)までになります。

秋の季節にピッタリのシーズン健康食と言われています。

 

夏そば・秋そばとは?

夏ソバとは、5月中旬に播種して7月上旬に収穫するソバのことです。

秋そばとは、お蕎麦の新鮮な香りや美しい緑に近い色、優しい味は夏の蕎麦よりも良いとされています。

一般的には秋そば(秋新)を新そばと呼ぶ人が多いです。

秋冷涼になって収穫される秋そばのほうが風味が良いと言われています。

お蕎麦好きの間では、秋新とも呼ばれ、秋の紅葉とセット新そばツアーに夫婦や子連れで出かける方も多いと聞きます。

 

新そばを使ったそば打ち教室

福岡で贅沢にも秋そばを使って手打ちそば教室を受講されたい方にとっては朗報です。

毎月の第4週から毎月1回。

TNC西日本文化サークル様で19時から21時の2時間、手打ちそば教室を開講しています。

詳しくは、またご連絡させて頂きます。

場所は、〒813-0044福岡市東区千早5-8-1 ヤマダ電機4階になります。

 

新そばの産地

当店の新そばの産地は九州大分県豊後高田産そば粉100%使用しております。

当然ですが、十割そばですので、新そばの香りを楽しむことが十分に可能で新そばと共に秋を感じていただけると思っています。

 

紅葉新そばを満喫コース(福岡・古賀)について

毎年、秋には福岡県古賀市の紅葉の名所興山園の紅葉薬王寺温泉とこんさい館の新そばを満喫されに、大変多くのお客様がご来店して頂き、「また来ます」と言って笑顔で薬王寺温泉、もしくは興山園へと向かわれていきます。

スタッフ一同、最高の秋を楽しまれているな〜っと感心しています。

そして、慌ててPOPを手書きで制作し、秋の新そばポスターを看板の下に毎年セットしていましたが、今年は、皆様も私たちの場所をご存知ですので、看板はセットしておりません。わかりにくくて申し訳ございません。

古賀市の秋は、興山園の紅葉と薬王寺温泉やハイキング、豊富な農作物など豊かな自然の恵みがたくさんあります。

 

是非、この機会に福岡県古賀市の奥座敷、薬王寺温泉エリアの十割お蕎麦カフェ古民家こんさい館で2018年秋の新そばの香りと風味をお楽しみください。

きっと新そばに惚れ込んでいただけると思います。

 

 

このページの先頭へ